FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑

金 佑龍

表記は金 佑龍
読みはキム ウリョン
旅する酔いどれ吟遊詩人。

2002年cutman-boocheというBANDを大阪で結成し2004年から2011年解散までに数々の作品をリリースし、多方面から評価され、John Butler TrioやTeteといった海外アーティストのO.AやFUJI ROCK FESTIVALをはじめとする 数々の大型Fesにも出演しオーディエンスを沸かせる。
cutman-boocheを解散後、2011年中旬からギター片手に日本中を旅をする。2013年6月19日に2年半の沈黙を経て 金 佑龍としてソロ名義初のフルアルバム 「Live in Living」をリリース。じわじわであるが着実にセールスを伸ばしている。
同年10/23にはSOULの伝道師45率いる45トリオ【45 a.k.a. SWING-O(Key)、Sunapanng(Bass)、久保正彦(Dr)】とのコラボアルバム「キム・ウリョンと45トリオ」をリリース。この作品も企画モノでありながらiTunesではJ-POPカテゴリーで強豪ひしめく中、配信開始堂々の27位スタート!し今もセールス伸ばしている。
昨年は金佑龍ソロ名義でもFUJI ROCK FESTIVAL'13にも 2会場出演し、 快進撃はまだ終わらない!何処かの誰かに似てるようで 何処の誰にもないオリジナリティー。 時々3人?6人編成で 全国を絶賛好評行脚中!
トムウェイツとチャーリーチャップリンと山田かまちに憧れ、ラムとウイスキーと落語が大好物である。
金 佑龍 Official HP → http://kim-wooyong.com/

kim_wooyong.jpg

ウリョンくんを最初に見たのはcutman-boocheで活動してた時でした。前回出演してくれたtobaccojuiceを見に行った際、対バンで出演していたのですが、あまりのカッコよさに物凄く衝撃を受けたのを今でもよく覚えています。結局ライブはこの一回しか見られないままバンドは解散してしまったのですが。その後、何のキッカケだったか、ウリョンくんがソロで活動を始めたことを知り、vol.4に出演してくれた樽木栄一郎くんとアムリタ食堂で一緒にライブをした時にお話させてもらったのが最初の出会いですね。そこから、また結構時間が空いてしまったのですが、2013年の3月に久々にライブを見た時、以前アムリタのライブで感じた「凄くカッコいい歌を唄うのだけど、ちょっとモヤッとした感じ」が消えて、ただただカッコいい!!と思わされてしまったのです。そう、丁度ウリョンくんがソロ名義での初音源リリースに向けて精力的に活動を始めたタイミングですね。もうナハダーンに出て頂くなら今しかない!と思ったのです。
ウリョンくんのカッコ良さはrurykaraの拙い言葉で綴ると何だか安っぽい感じになってしまうので、敢えて何も書きません。とにかくライブで直接彼の歌に触れて欲しいです。こんなにカッコいい音楽知らない人は絶対損してますよー!!お酒とタバコが大好きで時々ちょっと頼りないウリョンくんですが(笑)音楽やお客さん、周りの仲間に真っ直ぐ向き合う姿にブレはありません。2014年rurykaraが猛烈にオススメする金佑龍のライブお見逃しのないよう☆
出演者紹介 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

原田茶飯事

1979年5月2日うまれのA型。あっちにも行けるしこっちにも行ける、全方位型シンガーソングライター。ソフトロックやMPBの洒落っ気・茶目っ気を感じさせながらも、口から半分、魂の出たようなステージングは必見。その幅広い作風からテーマソングなども多く手がける。関東、関西それぞれに流動的なバックメンバーを抱える贅沢な一面もある。
原田茶飯事 Official HP → http://www.haradasahanji.com

原田茶飯事・アー写②

茶飯事くんとの出会いは、実はライブではなく飲み会でした(笑)シンガーソングライターさんが沢山集う飲み会になぜかrurykaraも紛れ込んでおり、そこで茶飯事くんと少しお話させてもらたのが最初だったと思います。その少し後、2010年9月に原宿の小さなカフェで初めてきちんとライブを見たのですが、初めて見たのに初めてだとは思えないくらい、自然にグイグイと彼の世界に引き込まれて、あっという間にライブが終わってしまった気がします。そして、見れば見るほどクセになるというか、ちょっと捻くれてて、でも純粋で、力強くて、けれどちょっと繊細で、そんな茶飯事くんの人を惹きつける歌のチカラは本当に凄いです。気づいたらすっかりサハ様の世界にハマッていました。
茶飯事くんのライブは弾き語りとバンド編成があるのですが、ナハダーンには豪華サポートメンバーを従え、バンド編成で乗り込んでくる予定とのこと。気になるサポートメンバーですが、Dr.桷エイチロ(樽木栄一郎)、Key.シーナアキコ、Ba.野島亮(Mountain Mocha Kilimanjaro)、Per.沖田ゆうすけ(はいからさん)の4名。茶飯事くん本人も大満足のスペシャルメンバーです。弾き語りのライブを見ていた時から、彼の音楽はとってもカラフルでパワーがあり、弾き語りでは収まり切らないものを感じていました。バンドでのライブを見た時に「あ~!これが原田茶飯事なのだなぁ」と納得がいきました。このメンバーでのライブ2回ほど拝見しましたが、まだまだ進化しそうな予感がしています。ナハダーン当日、茶飯事バンドから一体どんな球が飛び出すのかrurykaraにも全く想像がつきません!!が、皆さま是非ガッチリと受け止めて下さい☆
余談ですが、ドラムの桷エイチロ(樽木栄一郎)氏は前回vol.4に引き続き2回目の出演。さらに、鍵盤のシーナアキコ嬢は今回でナハダーン3回目の出演(vol.2 サイトウタクヤ氏サポート、vol.3 momi-na!、vol.5 原田茶飯事サポート)ということで、お二人ともナハダーンをご贔屓にして頂き(!?)ありがとうございます♪
出演者紹介 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

トレモロイド

2005年結成。自宅で音楽を作っていた小林兄弟(Vo&Gu/key)。インターネットでのメンバー募集をきっかけに、高垣空斗(Ba)が加わりバンドが始動。別のバンドで活動中だった村上寛(Dr)が加入し現在のメンバーとなる。2007年1stアルバム「5meters high and swimming」をリリース。アルバムのmixは高山純(speedometer.) 。2009、2010年はサウンド構築に時間を費やし、ロックを基軸にダンス/フォークといったジャンルを織り交ぜ、ミニマルなサウンドへとシフトしてゆく。同時にトレモロイドの世界の中心である歌詞もまた「空想の中の日常」というテーマ性もより強まる。2011年、プロデューサーに柏原譲(exフィッシュマンズ/Polaris)を迎え、ototoyでの配信リリース、スプリットシングル「トレモロループ」のリリースなど再び音源制作に取り掛かる。
トレモロイド Official HP → http://www.tremoloid.com

トレモロイド・アー写②

トレモロイドとの出会いは2009年の1月@月見ル。その日は出演4バンド中、トレモ以外の3バンドとは知り合い。しかも、トレモの事も名前だけは知っていて気になっていたので、この日のライブを見に行ったのは必然だったのだと思います。しかも、その日初めて見たトレモのライブが、ビックリするくらいrurykaraのツボにはまったわけです。当時のBlogを読みかえしてみたところ「ぜひナハダーンに誘いたい!」と書いてありました。その後、ちょっと間が空いた時期がありつつも、時折フラッとライブに遊びに行っていたのですが、今年4月に見た「トレモロループ」のレコ発ツーマンが非常に良くて、久しぶりにナハダーンをやろうと思い立ち、今回vol.5の開催に至ったわけです。rurykaraをやる気にさせてくれたトレモロイドに感謝いたします。
トレモロイドはとにかく楽曲が凄く良いのです。でも、その素晴らしい楽曲達は是非ライブで楽しんで頂きたいというのがrurykaraの想いです!フワフワユラユラと彼らの音楽に合わせて踊る、あの時間・空間の心地良さはやはり音源では伝わり切らないものがありますからね。彼らの代表曲で、rurykaraが初めて見たライブで非常に印象に残っていたのが「やさしい音楽」。この曲で歌われてるように、彼らのライブはいつも温かくて優しい空気で満たされています。でも、その中に良い意味での頑固さを感じました。音楽に対する強いこだわりや信念、とか言うと大袈裟な感じに聞こえるかもしれませんが、心地の良い音楽の裏側にそういう強い想いを感じたのです。だから、rurykaraのアンテナに引っ掛かったのだと思います。というわけで、今rurykaraが大注目のトレモロイドのライブ、どうぞお楽しみに☆
出演者紹介 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

tobaccojuicce

1999年結成。サウンドはエレクトリック、アコースティックの両面をもちあわせ他に類を見ないヴォーカル松本の詩世界は他のそれとは一線を画し、大きな魅力を持つ。大型ロックフェスからコンパクトサイズのアコースティックスタイルまで メンバー自ら運営し自由自在に駆け巡るロックバンド。ギター大久保のアートワークもまた魅力のひとつ。
tobaccojuice Official HP → http://www.tobaccojuice.net

tobaccojuice・アー写②

今回出演して頂くバンドの中で一番付き合いが古いのがtobaccojuiceです。初めてライブを見たのは2002年1月ですね。それ以前からドラムの脇山さんとは別のバンド繋がりで顔見知りで、ギターの大久保さんもライブで見たことはありました。当時、ライブ友達に薦められていたこともあり、変なバンド名だけど何か気になるなぁと思っていたのです(笑)ようやくライブを見る機会に恵まれた寒い冬の夜、あの日初めて聴いた「レインコート」は物凄く印象に残っています。当事はまだドラムとベースは別の方でしたし、バンドのサウンドも今よりずっと荒削り、松本くんはかなりトンガってました(笑)けれど、松本くんの強さと繊細さを併せ持ったヴォーカル、大久保さんのギターのセンスの良さは他を寄せ付けないくらい群を抜いていたし、心をグッと鷲掴みされたようなあの時の感覚は今でもよく覚えています。当時からキラリと光る何かが彼らにはあったように思います。気がつけば、あれよあれよという間にライブに定評のある人気バンドに成長し、ちょっと手の届かない所に行ってしまった感もあったのですが、まさか自分のイベントに出て頂けるなんて本当に嬉しい限りです。
タバコと出会って10年。バンドにも色々な変化がありました。でも、彼らは決してブレることなく、いつも音楽に対して真っ直ぐだったと思います。だから、彼らの音楽は胸に響くし、沢山の人に愛されているのだと思います。
tobaccojuiceの音楽的なカッコ良さはここでrurykaraがここでアレコレと説明するより、是非ともギグ(彼らはライブをギグと呼ぶのです。)を見て頂きたいと思います。残念ながら、まだタバコのギグを体験したことがないという方はこの機会に是非!
ナハダーン当日はタバコジュースの繰り広げるパーティーをお楽しみあれ☆
出演者紹介 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

樽木栄一郎

60年代(Soft Rock)~70年代(Crossover music)に多大なる影響を受け、尊敬するミュージシャン達のルーツを辿り、様々な表現方法を学ぶ。あらゆるジャンルを飲み込んだ上質なポップサウンドは現代における樽木流クロスオーバーミュージック。イノセントなハイトーン・ヴォーカルで聴く人の心を穏やかに包み込む。様々な角度から入り込める立体的なリリック、ポップで洗練された表層の奥には、内省的に深められたシンガーソングライターとしての魅力が満ち溢れている。現在、シンガーソングライターとして都内でライブを行いつつ、作家活動、アレンジャー、ドラマーとしてマルチに活動中。
樽木栄一郎 Official HP → http://www.taruki.info
樽木栄一郎 MySpace → http://www.myspace.com/tarukiofficial

樽木栄一郎・アー写④

樽木くんとの出会いは今年3月。屋根裏のような不思議なスペースを持つお店でのライブでした。実は以前からお名前だけは知っていたのに、ずっとすれ違っていたのですが、この日は運命の不思議な糸に導かれたのかもしれません。あの日rurykaraは対バンのバンドさんを前回のナハダーンにお誘いしようと出掛けていったのですが(このバンドさんの出演はまだ実現していません。いつか必ず!!)、後半に登場した樽木くんの歌に完全にノックアウトされてしまいました。10年ほど前からライブに行くようになり、毎年沢山のライブを見て、沢山のアーティストに出会ってきましたが、こんなに衝撃を受けたのは本当に久しぶりのことでした。歌声、ギター、楽曲。どこを取っても文句のつけようのないクオリティの高さです。けれど決して押し付けがましい感じはなく、だからといって流れてしまうこともない。とっても洗練されているのにグッと心に響いてくるのです。さらに、音楽が素晴らしいことは勿論、音楽に対する姿勢、志の高さも半端なところがなく、すっかり心打たれてしまったのです。樽木栄一郎というアーティストに出会って「良い音楽は伝えて広げていかなくては!」と強く思うようになりました。ナハダーンがその小さなキッカケになってくれたら…と思います。「一人でも多くの人にその歌が届いて欲しい」と今rurykaraが強く願っている樽木栄一郎のライブ、是非ぜひその目で耳で堪能して頂きたいと思います。実際に彼の音楽に触れてみたら、ここまでrurykaraが推す理由がきっとお分かり頂けると思います。どうぞお楽しみに☆
出演者紹介 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。